第2回丹波篠山「山の芋」の魅力発見セミナー開催について

 

丹波篠山山の芋は、丹波篠山市を代表する特産物で、地域の気候風土を生かして品質の良い芋が生産されています。

粘りの強さが特長で、山の芋を取り扱う実需者からも高い評価を得ています。そこで、山の芋の新商品・新メニュー開発に関心のある方を対象に、第2回目のセミナー(視察研修)を企画しました。

 


開催内容・日程について


 

  1. 日時:令和元年8月30日(金)9:00~15:30
  2. 場所
    1) 株式会社宝泉堂本店(京都府京都市左京区)10:30~12:00
    2) 伊熊弘行氏山の芋栽培ほ場(丹波篠山市郡家)14:00~15:00
  3. 内容
    1)視察研修1 「丹波篠山産山の芋の特長を活かした和菓子生産について」
    講師:株式会社 宝泉堂  代表取締役社長 古田 泰久 氏
    2)視察研修2 「山の芋の栽培概要および本年の生育状況について」 
    事例発表者: JA丹波ささやま山の芋部会長  伊熊 弘行 氏
  4. 対象者:山の芋実需者、山の芋加工品開発に関心のある方、山の芋生産者等
  5. 募集定員:20人
  6. 申し込み方法
    別紙申込用紙に必要事項を記入の上、ファックスまたは郵送でお願いします。負担金として昼食代1,300円を頂きます。
  7. 申し込み締め切り
    8月19日(月)必着(但し先着順で募集定員に達し次第、締め切らせていただきます。参加いただけない場合は、事務局よりご連絡いたします。)
  8. 集合場所 丹波篠山市八上上 JA丹波ささやま営農経済センター
  9. 主催:兵庫県丹波県民局(丹波農業改良普及センター)、丹波篠山市、JA丹波ささやま、丹波ささやまブランド産品戦略会議(事務局:丹波篠山市農都政策課)

 


視察研修行程表詳細


令和元年8月30日(金) 9:00~15:30

9:00 集合・出発(集合場所:丹波篠山市八上上 JA丹波ささやま営農経済センター駐車場)

移動(途中 高速道路使用:亀岡IC~沓掛IC)

10:30~12:00  視察研修1 株式会社宝泉堂本店(京都市左京区下鴨膳部町21)
「丹波篠山産山の芋の特長を活かした和菓子生産について」
講師:株式会社 宝泉堂  代表取締役社長  古田 泰久 氏
※講演のあと、和菓子製造室の施設見学

12:00~13:00 昼食(京都市左京区 京都国際会館 レストラン「グリル」)

移動( 途中 高速道路使用:沓掛IC~亀岡IC)

14:00~15:00 視察研修2 伊熊弘行氏山の芋栽培ほ場(丹波篠山市郡家371)
「山の芋の栽培概要および本年の生育状況について」
事例発表者:山の芋部会長  伊熊 弘行 氏
※現地山の芋栽培ほ場での説明の後、質疑応答及びほ場見学

15:30 解散(八上上)

<集合・解散場所>
丹波篠山市八上上 JA丹波ささやま営農経済センター駐車場

<交通手段>
中型バス(28人乗り)

 


お申し込み・お問い合わせ


締め切りは8月19日(必着)です。郵送もしくはFAXで上記へお申し込みください。

申込書ダウンロードはこちら

〒669-3309 丹波市柏原町柏原688 丹波農業改良普及センター 宛
FAX 0795-72-4063

丹波農業改良普及センター 経営課(森・大上まで)
電話番号 0795-73-3806